【企業の健康経営をサポート】トレーナー・管理栄養士派遣のGOALS

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • 個人の方はこちら

お役立ちコンテンツ
Content

糖尿病予備軍からの脱却

最新の厚生労働省の資料によると、「糖尿病が強く疑われる者」は1000万人、「糖尿病の可能性を否定できない者」も含めるとその数は2000万人に上ると推計されています。

 

健康診断の数値で糖尿病、もしくはその予備軍であると指摘されてはいるものの、特に大きな症状があるわけではないのでイマイチ実感がわかない、なんて方もいるのでは?

 

しかし糖尿病はそんなに悠長なことを言ってはいられない疾病です。

 

特に若いころと比べてだいぶ太ってきた、という人は要注意ですよ。

 

【血液検査から見る糖尿病】

 

一般的な健康診断の血液検査では糖尿病の指標として空腹時血糖値やHbA1cなどの数値が使われます。

 

空腹時血糖とは、読んで字のごとく空腹時における血液中の糖濃度のことであり、検査の時点で血液中にどれくらい糖があるかを測定した数値です。

 

食事の直後に血中の糖濃度が高いのはある程度仕方のないことですが、食後相当時間経過して空腹の状態にもかかわらず血糖値が高い数値を示すということは糖代謝の異常が疑われます。

 

100mg/dl以上で特定保健指導対象、126mg/dl以上で受診が必要なレベルとされています。

 

それに対しHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)とは、糖が血液中のヘモグロビンにどれくらい結合しているかを示した数値です。

 

これによって過去1~2か月間の血糖値の平均がわかります。恒常的に血糖値が高くなっているかどうかを示す指標となります。

 

5.6~6%で特定保健指導対象に、6.5%以上で受診が必要となります。

 

健康診断でこれらの数値に問題ありと判断されたのであれば、まず病院に行って受診してください。

 

医師はこれらの数値をもとに、様々な角度から診察しその人にとって最も適切な処置、治療を行います。

 

自覚がないからと放っておいては大きな問題に発展しかねません。

 

【糖尿病ってどんな病気なの?】

 

糖尿病といえば生活習慣病の一つで血糖値が高くなることである、ということはわかっていても、血糖値が高いことがなぜ体に良くないのか今一つピンと来ていない人もいるのではないでしょうか。

 

その深刻さがわかっていないせいで対策が遅れて手遅れになる、なんてことにならないためにも糖尿病についいて基本的なことを知っておきましょう。

 

糖尿病は大きく1型と2型、それ以外に妊娠糖尿病やその他特定の原因(病気や薬剤など)による糖尿病などに分類されます。

 

1型は血糖値を下げるためのホルモンであるインスリンを分泌する膵臓のβ細胞が壊れてしまい、インスリンの分泌が行われなくなってしまう病気です。

 

子供や若い人に多く発症し、インスリンを体外から補給するために注射しなければなりません。

 

2型はもともと異常値ではなかった血糖値が、遺伝的要素もありながら、過食による肥満や運動不足などの生活習慣が原因となって高値を示すようになっていまう後天的な糖尿病です。

 

日本人の糖尿病の約9割がこの2型だといわれています。

 

初期の自覚症状は喉の渇きや多尿、倦怠感などがあげられますが、あまり感じないケースも多く、知らない間に症状が進行することも少なくありません。

 

症状がないために適切な対応を取らずに深刻な合併症を引き起こしてしまう方もいるようです。

 

【怖いのは合併症】

 

血液中に余った糖は、血管内で特定のタンパク質と結合して体中の細かい血管を破壊していきます。

 

それによっていわゆる「糖尿病の3大合併症」は引き起こされます。

 

・糖尿病網膜症

 

網膜にある細かい血管が、高血糖により破壊されていく合併症。

 

進行すると失明に至ることも。

 

自覚症状が少ないため、定期的に眼底検査を行う必要があります。

 

・糖尿病腎症

 

腎臓にある細かい血管が破壊されて起こる合併症。

 

自覚症状はなく、最終的には腎機能が失われ、透析となります。

 

定期的な腎機能の検査が必要です。

 

・糖尿病神経障害

 

手足の神経に高血糖が原因で痛みやしびれなどの感覚異常が起こります。

 

左右の手や足に同じように症状が現れるという特徴があり、進行すると知覚が著しく低下し、潰瘍や壊疽をおこして切断に至る方もいます。

 

3大合併症以外にも、動脈硬化の原因となり心筋梗塞や脳卒中といった血管系の症状を引き起こします。

 

初期症状がなく血液検査の結果だけでピンときていないような人は、大きな症状が出てから後悔しないように深刻に結果を受け止めたほうが良いでしょう。

 

【なってからでは遅い。予防しましょう】

糖尿病はその症状が自覚できるレベルに来ると、かなり進行しているケースがほとんどです。

 

一度発症してしまうと完治は難しい、とまで言われています。

 

初期状態で自覚がないため予防も難しいとされていますが、定期的な健康診断や血液検査によってその予兆を知ることは十分に可能ですので、しっかりと予防していきたいものです。

 

ではどのように予防するべきか。

 

血中の糖濃度が問題だから、糖を摂取しなければよいのでしょうか?

 

それにはあまり意味がありません。

 

もちろん極端な糖の摂り過ぎは是正しなければなりませんが、本来人間の身体には血糖値が上がればインスリンが分泌され、速やかに血糖値を下げる、というシステムが備わっています。

 

糖尿病の方はこのシステムが正常に働かなくなっているのです。

 

ですので単純に糖を摂らないようにすることよりも、このシステムが正常に稼働し、血糖値を正常にコントロールできる身体をキープすることが重要です。

 

では正常な糖代謝を妨げるものとは何なのか。

 

その大きな要素の一つに肥満があげられます。

 

肥満による内臓脂肪の増加はインスリンの働きを鈍くさせたり、感受性を低下させたりする生理活性物質の分泌量を増やします。

 

それに加えて肥満の方は必然的にカロリー摂取量が多く、その中に占める糖質の割合も多くなりがちです。

 

糖質は効率の良いエネルギー源として必要不可欠な物質ですが、過剰に摂取することでインスリンの大量分泌を促し、膵臓を疲弊させ、その生産能力を低下させます。

 

常に大量にインスリンが分泌されるため、感受性は弱まってインスリン抵抗性といわれる状況になります。

 

またインスリンは脂肪の蓄積を促すため、さらに肥満が進んでしまうという悪循環にも陥ってしまいます。

 

肥満は糖代謝能力を弱め、糖尿病のきっかけを作ります。さらに肥満が肥満を呼びどんどんと負のスパイラルへと落ち込んでいってしまうのです。

 

【運動で予防する】

肥満を防ぐには食生活に注意を払うことが重要ですが、それに加えて運動の習慣も相当な効果を発揮します。

 

糖代謝そのものにおいても運動はとても効果的です。

 

筋肉を動かすためのエネルギー源として最も効率が良いのは糖質です。

 

運動をすることで糖は分解され、血糖値はすぐさま下がります。

 

そして継続的な運動は筋肉におけるインスリンの感受性を高め、糖代謝をよりスムーズに行えるよう促し、カロリー消費量が増大することで肥満の予防にもなります。

 

下半身や体幹などの大きな筋肉を複合して使うような運動が良いでしょう。

 

筋トレであればスクワットやデッドリフトのようなコンパウンド種目がお勧めです。

 

ランニングや水泳などの全身を使った有酸素運動なども良いでしょう。

 

定期的にしっかりと身体を動かすことで、円滑な糖代謝は促進されます。

 

単純に引き締まったカッコイイ身体を目指せば、糖尿病からはどんどん遠ざかるでしょう。

 

【いつまでもごまかしきれません】

 

血液検査の結果が良くないのは分かっていても、症状がないのをいいことに気持ちの中で何となくごまかしていませんか?

 

糖尿病予備軍の方がそのまま糖尿病にならないためには生活環境を変え、体質を改善しなければなりません。

 

これまで慣れ親しんできた生活のリズムやパターンを変えることは、思っている以上に大変です。

 

一刻も早くその気になって対策を講じないことには、少しずつ、確実に糖尿病は進行していきます。

 

運動の効果は大きいですが、これもやったらすぐに結果が出る、というものではありません。

 

あまり数値が良くない、若い頃と比べて明らかに太ってきた、と自覚している方は今すぐにでも行動しましょう。

 

お問い合わせはこちら

MENU