【企業の健康経営をサポート】トレーナー・管理栄養士派遣のGOALS

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • 個人の方はこちら

お役立ちコンテンツ
Content

食事に含まれるコレステロールは考えなくていい?脂質異常症の予防と改善

一日に卵をいくつも食べるとコレステロールの摂り過ぎになって健康を害する。

 

ひと昔前はそんなことを言われていました。

 

今でも食事に含まれるコレステロール値を気にしている人はいるかもしれません。

 

しかし2015年以降、厚生労働省も日本動脈硬化学会もコレステロールの摂取量に基準値を定めていません。

 

これは食事におけるコレステロール値は人の健康に関係しない、ということを示しています。

 

ということは血液中のコレステロール値が高くても健康に影響はないのでしょうか?

 

いいえ、決してそういうわけではありません。

 

コレステロールについての基本的な知識を少しご紹介しましょう。

 

【そもそもコレステロールって何?】

 

何となく身体にとって害になる成分のように思われているコレステロールですが、いったい何者なのでしょう?

 

人の3大栄養素といえばタンパク質・糖質・脂質ですが、コレステロールは脂質に分類される成分の1つです。

 

3大栄養素というくらいですから人の身体にとって必要不可欠なものであり、コレステロールは細胞膜やホルモン、胆汁酸などを構成する材料となっています。

 

また、脳はじめとする神経細胞には体内のコレステロール量の1/3が集中しており、それらが正常位機能するために重要な栄養素だと言われています。

 

【なぜコレステロールが身体に良くないと言われるのか】

血液中のコレステロールにはLDLとHDLと呼ばれるものがあります。

 

これらは正確に言うとコレステロールそのものではなく、水に溶けない脂質(コレステロール)がタンパク質(アポタンパク質)と結合することで血漿中に安定して存在することができるようになった「リポタンパク質」といわれる形態の一種です。

 

肝臓で合成されたコレステロールはLDLとなって血流にのり、全身に運ばれます。

 

体中の各細胞へと運ばれたのち、血液中に残ったコレステロールはHDLによって回収され、肝臓へと戻されます。

 

通常の状態であればこのLDLとHDLがバランスよく働いて、血液中のコレステロール濃度は一定に保たれています。

 

しかし、何らかの原因でそのバランスが崩れてしまうことがあります。

 

LDLが増え、HDLが減少してしまうと、血管内に多くのコレステロールが残されてしまいます。

 

過剰に余ったLDLは血管内に取り込まれて蓄積し、動脈硬化を引き起こす原因となります。

 

この状態を以前は高脂血症(高コレステロール血症)と呼んでいましたが、HDLに関しては少ないほうが動脈硬化リスクが上がるので、最近では中性脂肪も含めた血中脂質の代謝異常を総称して脂質異常症と呼んでいます。

 

【コレステロール値はなぜ上がる?食事のせい?】

血中のコレステロールが増えると良くないのであればコレステロールを含む食事を控えればよいのでは?

 

たしかに極端にコレステロールばかりを摂取することは良くないかもしれませんが、実は食事に含まれるコレステロールは血中コレステロールにそれほど影響しないということが分かっています。

 

体内のコレステロールのおよそ7割は肝臓で合成されたもので、食事等で体外から取り込まれる量は2割〜3割程度だと言われています。

 

つまり血液中のコレステロールが上昇する原因は単純に食べ物のせいではなく、体内で脂質を代謝し、コントロールする能力に問題が生じているということなのです。

 

では脂質の代謝に異常をきたす原因となるものは何なのか。

 

それには以下のようなことが考えられます。

 

・過食や運動不足による肥満

・喫煙、飲酒の習慣

・過剰なストレス

・繊維不足

 

特に肥満による中性脂肪の増加はHDLの産生を妨げたり、LDLの増加を助長する直接的な要因となります。

 

それ以外に、遺伝的な要因や他の病気からくる脂質代謝異常のケースも考えられます。

 

この場合は医師の診断のもと、薬などを用いながらコレステロールの数値をコントロールする必要があるでしょう。

食事のコレステロールを控えなければいけない場合も出て来るかもしれません。

 

【血中のコレステロール濃度を下げるには】

 

コレステロール値改善のためにまず取り掛かるべきことは肥満の解消です。

 

体内の中性脂肪を減らすことで、脂質代謝機能を正常に戻すことが脂質異常症の根本的な解決法となりえます。

 

食事でコレステロールを少々摂ったところで、体内でしっかり代謝できれば血中のコレステロール濃度が上昇することはありません。

 

ですからコレステロールの摂取量を重視するのではなく、食事全体のカロリー量や栄養のバランスに気を配りながら適度な運動を習慣づけることを考えることが先決です。

 

明らかに肥満の方は、ご自分に必要な摂取カロリー量を計算して、食べ過ぎ飲み過ぎを控えるだけでも効果があるでしょう。

 

その上ですでに高いコレステロール値を指摘されているような方は、n-3系脂肪酸やポリフェノール、カロテノイド、リコピンやレシチンなどといったコレステロール値を下げる効果があると言われる成分を含む食材を積極的に摂ると良いでしょう。

 

いずれも特別な食材ではなく青魚や野菜、果物などに含まれるものですので手に入れるのが難しいものではありません。

 

そして適度な運動はカロリーの消費量を増やすだけでなく、体内の脂質代謝にも直接好影響を与えると言われています。

 

無理のない範囲で始めていただき、最終的にはある程度しっかりとしたトレーニングを少なくとも週に1回、出来れば2〜3回行うように習慣化できれば、脂質異常症の改善だけでなく、様々な健康効果が期待できるでしょう。

 

脂質異常症は放置しておくと動脈硬化から血管の梗塞を引き起こし、脳梗塞や心筋梗塞と言った命に関わる疾患につながっていきます。

 

早め早めに手を打っておきましょう。

 

お問い合わせはこちら

MENU