【企業の健康経営をサポート】トレーナー・管理栄養士派遣のGOALS

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • 個人の方はこちら

お役立ちコンテンツ
Content

肥満が与える悪影響。組織で肥満を防ぐには

肥満が健康に良くないことは何となくわかっているでしょう。

 

健康を害するということは少なからず仕事にも影響を与えていることになります。

 

とはいえどこまで太っていることに敏感であるべきなのでしょう?

 

「太め・ぽっちゃり」と「肥満」との間にはどういった違いがあるのでしょう。

 

会社や組織としてそれを構成する人員の肥満を防ぐ手立てはあるのでしょうか。

 

【どこからが肥満?】

 

肥満に基準というものはあるのでしょうか? ぽっちゃりとの境界はどこでしょう?

 

簡単に数値で表すのであればBMI(Body Mass Index)を使うのが一般的でしょう。

 

(体重kg)÷(身長mの2乗)という簡単な式で算出できるBMIですが、高い割合で体脂肪率に相関するとしてよく利用されています。

 

日本肥満学会ではBMI22を標準値とし、25を超えると肥満としています。

 

体脂肪率も同様に肥満の指標としては有効です。

 

年齢や性別によって理想とされる体脂肪率は変わりますが、おおむね成人男性であれば15~20%前後、女性であれば20~25%あたりが標準でしょうか。

 

男性は25%、女性は35%を超えると肥満のレベルに達しているといえるでしょう。

 

ただし体脂肪に関しては、実際に正確な数値を測定するのが難しいといわれています。

 

今は体脂肪も計測できる体重計が市販されてはいますが、あくまで推定値の域を出ず、時には大きな誤差が生じることもありますので参考程度に考えておくほうが良いでしょう。

 

健康診断などでメタボリックシンドロームと判定された場合も肥満といえるでしょう。

 

メタボリックシンドロームはお腹まわりが男性で85㎝、女性で90㎝以上、それに加えて中性脂肪値や血圧、空腹時血糖値などから総合して診断されます。

 

内臓脂肪型の肥満を示す診断で糖や脂質の代謝に問題が生じている可能性を示唆しています。

 

【なぜ肥満がよくないのか】

 

メタボリックシンドロームは様々な疾病に対する警鐘となります。

 

特に内臓脂肪型の肥満は代謝異常を引き起こし、糖尿、脂質異常症、高血圧などの生活習慣病の原因となる確率が高いといわれています。

 

そしてその生活習慣病は動脈硬化などの循環系、血管系の障害を引き起こし、脳梗塞や心筋梗塞という命に関わる病気につながるかもしれません。

 

そこまで行かなくとも、肥満は血行不良、疲労感や倦怠感などの身体の不調を引き起こします。

 

そしてそれらは精神的な疲労やストレスにもつながりやすく、うつや精神障害の遠因となることも考えられます。

 

また体重が増えることで単純に身体を支える関節や筋肉にかかる負担も大きくなり、慢性的な腰痛や肩こりの原因となることもあるでしょう。

 

以上の可能性を考えれば、常に高い集中力を保って質の高い仕事をしたければ、肥満でないほうが良いにきまっています。

 

【どうして肥満になるのか】

大雑把に言うと、余ったエネルギーが体脂肪となって身体に蓄積し、肥満になります。

 

エネルギーはカロリーで表記できるので、摂取カロリーが消費カロリーを上回ればエネルギーは余るということになり、それが体脂肪として蓄積されるというわけです。

 

カロリーの由来が脂質だろうが糖質だろうが基本的には関係ありません。

 

食べ過ぎ飲み過ぎで摂取カロリーが多い、運動不足など日常の活動量が少なく消費カロリーが少ない、もしくはその両方…そういったこと日常の生活習慣が少しずつ積み重なって体脂肪が蓄積されていくのです。

 

また睡眠やストレスなどが要因で体脂肪の蓄積を助長したり、カロリーの消費を妨げるといった反応が起こることも考えられるでしょう。

 

【肥満にならないためには】

 

肥満になる理由を考えれば肥満にならないための予防法や肥満を解消する方法はおのずと分かってきます。

 

巷には多くのダイエット法やダイエットサプリが存在するが、その全ては摂取カロリーを減らすか消費カロリーを増やすためのものです。

 

人は生きているだけでカロリーを消費するので摂取カロリーを極端に減らせば体重は減ります。

 

しかし心臓を動かしたり呼吸をしたりといった生命活動に必要なカロリー量(基礎代謝量)を下回るほどの極端なカロリー制限は体調の不良を招きます。

また、食事だけでカロリーコントロールをすることで体脂肪だけでなく筋肉の分解も進んでしまい、健康的な肥満の解消とは呼べなくなってしまうでしょう。

 

肥満を予防するにしても改善するにしても基本的に気を付けることは同じです。

 

ありきたりな方法だと思われるかもしれませんが、食生活の見直しと運動不足解消のためのトレーニングプログラム作成による肥満予防・解消が今のところもっとも効果的だといえます。

 

カロリー収支をマイナスにすることで体重の減少は図れるが、体脂肪の減少と同時に筋肉が減少することも避けられません。

 

できる限り筋肉量の減少を防ぐためにトレーニングは必要です。

 

効果的なトレーニングはトレーニングそのものでの消費カロリー以上に日常の生活代謝を上げることにつながり、一日に消費するカロリー全般を底上げしてくれるでしょう。

 

食生活の見直しによる摂取カロリーの減少はダイエットに最も効果的な取り組みです。

 

健康的に肥満の解消を狙うのであれば単純に食事量を減らすだけでなく、その内容にも注意を払うべきでしょう。

 

つい多く摂りがちな糖質や脂質の摂取量を抑え、逆に体を構成するたんぱく質は余り減らさないように気を付けましょう。

 

できるだけ多くの種類の食材を口にすることでバランスよくミネラルやビタミンを摂取することも意識すべきです。

 

そういったことに気を付け、さらに日常の活動量を考慮したうえで総摂取カロリーが基準とする体重を維持するために必要なカロリー量に収まるように計算します。

 

以上のことを従業員一人一人に意識させるには、肥満やウエイトコントロールについての正しい知識と実践法についてレクチャーする必要があります。

 

専門家によるセミナーや指導を定期的に行うことは効果的でしょう。

 

ある程度まとまった人数を相手により実践的な栄養や運動についてのレクチャーを行うことは可能です。

 

従業員の健康は仕事の成果や効率を左右するとても重要なファクターです。

 

そのために要する時間や費用は無駄な投資にはならないのではないでしょうか。

 

 

 

お問い合わせはこちら

 

MENU